スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I Love Youと言えない男(映画の話)

最近Netflixのストリーミングで見た映画3本。

Big Nothing
聖職者を脅迫してお金をとろうとしたら事態が思わぬ方向に発展して・・・っていうコメディ。
Simon Peggが好きなので見てみました。
奇想天外な展開で面白かったです。
1n0f8m2v3.jpg

Lucky
これもなかなか。
宝くじに当たってミリオネアになった幼なじみとお金目当てで結婚したら実は相手が・・・って話。
主人公カップルの関係が最後まで奇妙でした。
トム ハンクスの息子のコリン ハンクスが出てます。
彼は今DVDで見てるDexterのシーズン6にも出てますねー。
2n0f8m2v3.jpg

最後がタイトルにも書いた、Mark of Love
これもよかったです。
相手からI love youって言われると途端に逃げ腰になる所謂commitmentphobiaの男性(自覚無し)が最終的にはthe oneを見つけることが出来るのかって話でした。

3n0f8m2v3.jpg

いかにも低予算の映画ですが、だからこそ無名な女優さん(少なくとも私にとっては)ばかりが出ていたので主人公が誰とどうなるのか最後の方まで予測がつかなくて楽しめました。一人だけちょっとでも有名な人が混じってると、あ、この人とくっつくのねって分かっちゃうから。

夫はクオリティー(画像、音楽、編集などなど)が低すぎて物語に全然集中出来なかったそうですが、ま、もともと男の人向けの内容では無いから彼の目には粗ばかり目立ったのでは無いかと思います。

↓予告編。(その下にちょっとネタバレ書きました)
主人公の友達が言う台詞が平凡だけどいい。


マークは最終的に自分が誰を大切に想っているのかに気付いて、告白してハッピーエンド。
水戸黄門が印籠を出して、悪人が成敗されて終わる様なたいしたひねりも無い王道のエンディング。でもいいんです。ロマンティンクコメディーはハッピーエンドで終わって欲しいから。
女性は心のどこかでどんな男性でもright oneに出会えば変わる(そしてそれは自分である)と信じてると思うので、この映画は女性のそういう願望を満足させてくれる100%chick flickだと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。