2012年08月

I Love Youと言えない男(映画の話)

最近Netflixのストリーミングで見た映画3本。

Big Nothing
聖職者を脅迫してお金をとろうとしたら事態が思わぬ方向に発展して・・・っていうコメディ。
Simon Peggが好きなので見てみました。
奇想天外な展開で面白かったです。
1n0f8m2v3.jpg

Lucky
これもなかなか。
宝くじに当たってミリオネアになった幼なじみとお金目当てで結婚したら実は相手が・・・って話。
主人公カップルの関係が最後まで奇妙でした。
トム ハンクスの息子のコリン ハンクスが出てます。
彼は今DVDで見てるDexterのシーズン6にも出てますねー。
2n0f8m2v3.jpg

最後がタイトルにも書いた、Mark of Love
これもよかったです。
相手からI love youって言われると途端に逃げ腰になる所謂commitmentphobiaの男性(自覚無し)が最終的にはthe oneを見つけることが出来るのかって話でした。

3n0f8m2v3.jpg

いかにも低予算の映画ですが、だからこそ無名な女優さん(少なくとも私にとっては)ばかりが出ていたので主人公が誰とどうなるのか最後の方まで予測がつかなくて楽しめました。一人だけちょっとでも有名な人が混じってると、あ、この人とくっつくのねって分かっちゃうから。

夫はクオリティー(画像、音楽、編集などなど)が低すぎて物語に全然集中出来なかったそうですが、ま、もともと男の人向けの内容では無いから彼の目には粗ばかり目立ったのでは無いかと思います。

↓予告編。(その下にちょっとネタバレ書きました)
主人公の友達が言う台詞が平凡だけどいい。


マークは最終的に自分が誰を大切に想っているのかに気付いて、告白してハッピーエンド。
水戸黄門が印籠を出して、悪人が成敗されて終わる様なたいしたひねりも無い王道のエンディング。でもいいんです。ロマンティンクコメディーはハッピーエンドで終わって欲しいから。
女性は心のどこかでどんな男性でもright oneに出会えば変わる(そしてそれは自分である)と信じてると思うので、この映画は女性のそういう願望を満足させてくれる100%chick flickだと思います。


スポンサーサイト

Hole in the Wall Burger Joint

プレッツェルバンのバーガーがおいしいと聞いて行ってきました。

Hole in the Wall Burger Joint

建物の裏手なので住所を頼りに行くとちょこっと分かりにくいかも。
住所はsanta monica blvdだけど入り口はbentley ave沿いでした。

2h0i8t1w8.jpg

1h0i8t1w8.jpg

入ってすぐ左にある小さな机でオーダー表に記入してレジに持って行きます。
the counterに似てるオーダー方式だけど、選択肢が少ないのでシンプル。

3h0i8t1w8.jpg

紙袋に入って待望のバーガー登場。

4h0i8t1w8.jpg

プレッツェルバン、こんな感じです。

5h0i8t1w8.jpg

うん、おいしかった!
(でも私の中で一番のthe golden stateは超えられず。)

基本のバーガーは$8.75。トッピングして、フライとドリンクを付けて1人$15くらい。
Cash Onlyだけど店内にATMありです。

髪を乾かさない美容院に遭遇しました。

Temple CityのSilky Hair Salonという美容院です。

場所柄てっきりアジア人経営かと思いきや、ドアを開けるとそこにいたのは西洋人のおばさん(推定50代)でした。

お客さんが1人いて、「20分くらい待つけどいい?」と言われ待つことに。
待っている間にさらに2人お客さんが来ました。2人とも20歳前後っぽいアジア人の女の子で肩下20㎝以上のストレートロング。常連さんみたいでした。

たぶん20分も待たないうちに呼ばれ、髪を洗ってもらい席へ。

以前、前に行ってたコリアタウンの美容院でのことを「まるでスイカを扱うような勢いで髪を洗われ、拭かれる」と表現しましたが、ここはなんて言うか・・・「てきとー」。(ひらがなで)
そこに「頭皮を洗う」というコンセプトは存在しません。

ま・・・いいですよ、頭皮は家で自分で洗います。
フットマッサージの後だったから髪にヘッドマッサージの時のローションがついていたのでそれさえ落ちればよしです。

ちなみに髪の毛の拭き方も、タオルの巻き方(シャンプー台から席に移動する時の)もすべててきとー。

ここまでてきとーだともちろんカットもてきとーなのでは?と不安になるわけです。

例として持っていった写真を見せました。
ネットで探してプリントアウトしたものです。
1k0m8g0t4.jpg

余談ですが、このシンプルなボブの写真見つけるの結構大変でした。
日本語版グーグルで日本語でググるとズラ(ウィッグ)の写真ばかり出てきます。今時の若者はこういうボブはズラで楽しむものなのでしょうか?

話は戻ってTemple Cityの美容院。
美容師さん、私の希望をちゃんとうんうんと聞いてくれました。彼女からも質問してくれ打ち合わせはばっちり。

ところが、写真ほどの長さがまだないけど出来るだけ長くと言ったにもかかわらずざっくり切られて写真とは全然違う髪型になっていました。

でも、もう若い頃みたいに数センチの長さの違いで気分が奈落の底に落ちたりしません。
仕上がりをみて「ま、いいか」と思えればそれでいい。

しかしここで問題が。
タイトルの通りでこの美容師さん、カットが終わり、ドライヤーをかけ始めてからたぶん1分くらいで乾燥作業終了。

タオルドライもてきとーなままで切り始めてたから、1分ドライヤー使ったくらいじゃ「まだちょっとぬれてるかも」じゃなく「かろうじて服に水滴が落ちない程度」の状態です。だから、家に帰って洗い直し、自分で乾かすまでどんな仕上がりなのかよく分かりませんでした。

実はyelpのレビューをざっくり読んでいたので髪を乾かさないらしいことは知っていました。
ここ、すんごく安いんです。カット$12(てきとーシャンプー込)。
知ってたけど、レビューを読むのと実際体験するのでは大違い。「え?終わり?」と、かなりの衝撃を受けました。
入り口のとこの椅子で待ってた夫のところに戻ると、「顔にたくさん髪の毛ついてるよ」と。はい、首や顔についた毛は一切はらってもらえませんでした。

確認はしなかったけど、$15でブロードライ込になるんだと思います。(yelpレビューより推察)
言えば顔や肩の毛もはらってくれると思われます。私はなんか気が動転していたので一刻も早く家に帰り、自分の髪型を確認したいと思い、そそくさそ帰りました。

で、髪型ですが・・・・ま、許容範囲かなぁ。
$12(チップ入れて$15)という値段を考えれば上出来?(夫談)
カットは、私はほとんどレイヤーのないおかっぱなのでシンプルすぎててきとーかどうが判断しかねますが、左右の長さが明らかにちがうとかは無かったです。でも、持っていった写真から雰囲気を汲み取って切ってくれるとかも無いです。

また行くかと聞かれれば・・・行くかも。笑
美容師さんがいい人だったので。(てきとーだけど)
でもとりあえず次はサンゲーブルエリアの別の美容院に挑戦してみようと思います。

人におすすめするかと聞かれれば・・・毛先を整えたいだけだからとにかく安いところがいい、カット後出掛ける予定は無く、直帰しますという方にはお勧め。
美容師さん、いい人ですよ。Roxanneという女性で、たぶん一人で切り盛りされてます。
日本人のお客さんもたくさん来ると言ってました。
Cash Only、Street Parkingです。メーターは無く駐車スポットも簡単に見つかります。

ここに行ったら、前行ってたコリアタウンの美容院がラグジュアリーに感じました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。